【びっくり! 誰でも簡単に成長できる裏技】

常日頃、多くの人と会うのだけれど

いつも強く感じていることがある。

 

それは。

成長しない人って面白みがないな、ということ。

 

 

例えば会社とかでいつも愚痴っている人。

最低一人はいるよね。

 

愚痴ってばかりというのは目の前の問題に対して

考えることを放棄していると思う。

 

 

私はそういう人に魅力を感じない。

。。。というか、勿体無く感じてしまう。

 

 

なぜなら問題があるということは

そこを解決すればいいのだから

成長のチャンスがあるということ。

 

そのチャンスを逃す手はない。

 

 

私はそういうチャンスを使って

少しずつ成長できると思うのだ。

 

 

例えば、ダルくて思わず愚痴が漏れそうな

ルーティンワークを使って

自分自身がレベルアップできたら、

どんどん魅力的な人間になれる。

 

 

実はこういったルーティンを

自らの成長の道具にさせる裏技があるのだけど、

毎日やる同じ仕事に嫌気がさしたら

あなたもぜひ試してみてほしいと思う。

 

 

そうすればただの「つまらないルーティン」が

ゲームみたいに楽しくなるし、仕事も早くなるから、

その他の楽しいことや自己投資に

自分の時間を多く費やせるようになるんだよね。

 

 

日々のルーティンで成長する裏技。

それは、その仕事を

「80%の時間で終わらせろ!」

というもの。

 

これはなかなかスリリング。

クオリティを落とさずに、

時間だけを短縮させていくのだ。

 

60分かかる仕事だったら

48分で終わるようにする。

 

それが達成できたら、今度は

48分の80%、38.4分で終わらせる。

 

これを繰り返していく。

 

実際はそんなに上手く8割ずつ短縮できないけれど

それでも仕事に対する姿勢や時間のかかり方、クオリティは劇的に上がる。

 

 

「さすがにもうこれ以上時間短縮できないっ!」

というところまで来たら、今度は同じ時間内で

“仕事の質を上げる”

ことにチャレンジしていく。

 

 

実は今、私はお店の開店準備に

この技を使っている。

 

開店準備はルーティンワーク。

空気を入れ替え、掃除をして、

備品を磨き、お客様を迎える準備をする。

 

最初は2時間近くかかっていたものも、

今では50分を切るくらいの時間で

準備できるようになった。

 

こうして増えた自由時間は

新しい企画を考えたり、看板を描き替えたり

お客様にさらに喜んでもらうための時間に充てる。

 

 

その昔、レストランのキッチンで

働いていたころに私が残した

レベルアップ技は

「30個のゆで卵の殻を1分で剥く」

というものだった。

 

 

また会社員時代は会議資料のコピーにホチキスするのも

いかに早く、美しく、正確にできるか

紙の置き場所や角度や手順を突き詰めていったりもした。

 

 

さらにレベルアップ技応用編として

「コピーをとればとるほど美しい姿勢になる」

技も開発した。

 

応用編というのは、時間短縮ではなく

時間内にどれだけ多くの作業を楽しくこなせるか、

というもの。

(一石二鳥や三鳥を狙う)

 

もちろん仕事だけでなく

家事にも応用できる。

 

私はいつも掃除をしながらストレッチをしたり、

お皿を洗いながら筋トレをしている。

 

また「いかに早く綺麗に食後の片付けができるか?!」

を考えて実行するのも楽しい。

 

日々めんどくさいと感じる家事も

退屈せずに取り組める。

 

 

こういったレベルアップ技が使えるようになると

1日に使える時間がどんどん増えていく。

 

仕事のクオリティや

自分のレベルが上がっていくのは

とても楽しいし、快感だ。

 

 

自ら成長することを止めて愚痴る人より、

毎日の退屈仕事さえ楽しく成長の道具にさせる

そんな魅力的な人になれる裏技。

 

この頃「自分の成長を実感できてないなぁ…」

と感じていたら。

あなたにもこのレベルアップ裏技を

ぜひ試してもらいたいな。

 

☆4月9日に「私らしく、自由に楽しく生きる」をテーマにワークショップを開催します!

詳しくはちらをご覧くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ロミロミ気功セラピスト

和田 由里 東京都・群馬県


profile


Aloha☆
私がヒーリングを行っている理由は・・・

こちらからご覧ください。

アメブロもやっています。

『ココ・ライフ』


ご予約やお問い合わせ