右手の小指の痺れがなくなりました。脳内セラピーの感想です

Aloha☆

新メニュー『脳内セラピー』は椅子に座ったままでもできるので、イベント出展の時には好評をいただいております。

先日はクライアント様のお店に呼んでいただき、スタッフの方々へ脳内セラピーをプレゼントをしてきました。

粋な社長さんです^^

職人技術のお店なので、仕事内容は机に向かってずっと作業をします。

女性スタッフの方の施術が終わった後に、凄い告白をいただきました。
「あの、実は…ずっと右手の小指がしびれていたんです。
でも怖くてこわくて…誰にも言えなくて。
それが今、なくなりました。
もちろん頭もスッキリしたんですけど、この右手のシビレがなくなったのが本当に嬉しくて…」

ありがたいお言葉ですが、ちゃんと病院に行くように伝えました^^;
職人さんで細かい手作業ばかりなのに、手が動かなかったら大変ですからね。

しかし、この告白をいただいたときに気付いたことがあります。

『胸郭出口症候群』(きょうかくでぐちしょうこうぐん)
を知っていますか?

これは首や肩などを通る神経が主に筋肉に圧迫されて起こるもので、腕のシビレの症状が起こる場合もあります。
私も会社員時代デザインの仕事でずっとパソコンを見ていた時に起こりました。
病院にいってもお医者さんに「原因はわからない」と言われました。

しかし彼女のように、ずっと同じ姿勢でいたり、パソコンを長時間使うことが多いと、首肩コリがひどくなり、筋肉がかたまって胸郭出口症候群のような症状が出る場合があります。

彼女もその気があったのではないかな…と予想します。

レントゲンを撮ったわけではないので分かりませんが、首には多くの神経や血管が通っていますので、首肩こりをばかにしてはいけません。

参考-Wikipediaより
胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん、英thoracic outlet syndrome)は、腕神経叢と鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が胸郭出口付近で頚肋、鎖骨、第一肋骨などや前斜角筋、中斜角筋、小胸筋などに圧迫・牽引されることで起きる症状の総称である。

お客様の声

IMG_9656

貴重な体験をどうもありがとうございました。
リラックスした気持ちで、施術後はとてもすっきりした気持ちになりました。
普段気になっていた体調の不調など、触っただけで感じることができるなんて、とてもおどろきました。
また渋谷のサロンにもお伺いさせて頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

東京都 伊藤様

脳内セラピーは美生気功(びしょうきこう)を使って、脳内の疲労、眼精疲労、顔のゆがみなどにアプローチしていきます。
脳みそはもちろん直接触れる場所ではないので、美生気功を使い血行が良くなるようにしていきます。

気功って便利ですねぇ。
ドラゴンボールのかめはめ波みたいなことではなくて、ヨガや太極拳と同じような原理なので誰でもできるんですけど、マッサージやヒーリングに活用できるのがいいですね。
詳しくは以前の記事で。

気功ってなんですか?ロミロミと一緒にやるの?

2週間ぶりに彼女に会ったら

「あれから手が大丈夫なんです。
まったくしびれていません。
本当にありがとうございます」

と報告をいただきました。

私もセラピストとして彼女の不安を取り除けて嬉しいです!

 
☆ロミロミ美生気功の施術や世界美生アカデミーについてのお問い合わせは下記からお願いします。☆
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ロミロミ気功セラピスト

和田 由里 東京都・群馬県


profile


Aloha☆
私がヒーリングを行っている理由は・・・

こちらからご覧ください。

アメブロもやっています。

『ココ・ライフ』


ご予約やお問い合わせ