胆田と冷え性について ・東京世田谷ロミロミ氣功

ALOHA☆
あなたの心と体を調和するロミロミ氣セラピストのゆりです。

冷え性をやわらげることについて、かなりご質問をいただいたのでこちらで少しずつ答えていこうと思います。

古来より「丹田」を鍛えることが精神や健康状態の要になるといわれています。

それは内臓を支える体幹に関わってくるからです。

内臓の働きが正常であれば、体は良い状態になります。

つまり病気やだるさ、風邪、疲れ、慢性疲労などは体のパフォーマンスが下がっている状態です。

自分のパフォーマンスを100パーセントに近づけるのに、内臓の働きも重要だということです。

 

内臓は体の体温の中で一番高い部分。
37.2度~38度が理想と言われています。

それは細胞が活発に働く適温だからですね。

内臓の温度が低い…つまり冷えになると、内臓の働きは低下して体調が悪くなります。

一番わかりやすいのは、冷たいものの食べ過ぎですね。

アイスクリームや冷たいジュースをたくさん飲むと、お腹が痛くなりますね。
これは胃腸が急激に冷えたので、働きが鈍くなってしまったのです。

というわけで、内臓の温度を保つことはとても大切です。

「なんで内臓の温度が冷え性に関係あるの?」

と思うかもしれません。

しかしとても関係あるのです。

私は末端冷え症でしたが、最近は手足が温かくても内臓が冷えている「隠れ冷え性」が問題になっています。

内臓が冷えていると、むくみやすい、お腹や腰が冷えている、胃腸の調子が悪いなどの症状があります。

その冷えは大きくなると、体も冷えてきますよね。

この内臓の冷えが、胆田…美生氣功では意守胆田といいますが、
意守胆田を鍛えることによって、だんだんやわらいでいきます。

私も意守胆田を意識するようになってから、胃腸の調子が良くなりました。

本当に昔の人の智慧は素晴らしいですね。

武道をやっている人や歌を歌う人などは丹田を鍛えていると思うので、感覚が分かると思います。

最近は頭を使ってばかりの人が多い、パソコンやスマホ、頭を使う仕事ばかりで意識が上に行っています。

そういう人は丹田を意識するだけでも全く変わってきますよ。

 

○☆○☆○ーーーーー○☆○☆○ーーーーーー○☆○☆○ーーーーー

ロミロミ気功は完全予約制です。

出張施術もしておりますので、サロンに常駐しておりません。

ぜひ事前のご予約をお願い致します。

  ☆ロミロミ気功のご予約やお問い合わせはこちらからどうぞ☆
 

TEL : 090-9392-0162 (11時~21時)

あなたにお会いできるのを楽しみにしております!MAHALO☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ロミロミ気功セラピスト

和田 由里 東京都・群馬県


profile


Aloha☆
私がヒーリングを行っている理由は・・・

こちらからご覧ください。

アメブロもやっています。

『ココ・ライフ』


ご予約やお問い合わせ