ストレス性の頭痛の原因は?

Aloha☆

あなたの心と体をやゆるめるロミロミ美生氣功セラピストのゆりです。

 

今までストレスからくる頭痛についての対処法や予防法の記事を書いてきました。

それらを実行しても「あまり効果ないかも…」と思われたあなた。

実はその頭痛は片頭痛かもしれません。

 

「え?頭痛に種類があるの?」

と今回はじめて知ったという方へ、頭痛の種類別で対処法なども違ってきますので見てみましょう。

 

頭痛は主に2種類?

頭痛には、片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・病気が原因の頭痛(くも膜下出血や脳出血など)・薬剤の使用過多による頭痛などがあります。

 

頭痛といってもその原因や対処法には様々な方法があり、

判断を間違えると頭痛が悪化する恐れもあります。

まずは身近である「片頭痛」と「緊張型頭痛」について分けて考えてみましょう。

 

片頭痛とは?

何かの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。

女性に多くみられます。

 

心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあるので、

仕事お休みの日などに「片頭痛」が起こりやすくなったりします。

その他に、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変化、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、片頭痛が起こる原因とされています。

 

「片頭痛」が起こる直前には肩こりが出ることもあり、こめかみから目のあたりにかけてズキズキと心拍に合わせるように痛みます。

 

片頭痛とはいいますが、頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあります。

発作性の頭痛で、日常生活に支障が出ることもあります。

 

「片頭痛」の特徴は体を動かして頭の位置を変えると痛みが増幅するということ。

また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などが伴ったり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対して敏感になることも特徴です。

 

いったん痛み出すと2~3日間は続き、1ヶ月に1、2度、多い人では1週間に1回と周期的に頭痛を繰り返します。

 

緊張型頭痛とは?

「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。

筋肉が緊張して血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまって、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

 

「緊張型頭痛」の原因は、精神的・身体的ストレスであることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気。

デスクワークで頭痛が起きやすい人はこちらの可能性の方が高いです。

 

また、筋肉の緊張ではなくうつ病など心の病気が原因となる「緊張型頭痛」もあり、「片頭痛」を併せ持つ人もいます。

 

心の病気が原因となって体の不調が出てくるのは

心と体が繋がっているからです。

こういった場合は心と体と両方のケアを同時に進めるのがいいと思います。

 

緊張型頭痛の特徴は午後から夕方にかけて、目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいこと。

後頭部から首筋を中心に頭全体がギューッとしめつけられるように痛みます。

後頭部や首筋を中心というのはその辺りに頭へと続く大きな筋肉があるためです。

 

頭痛以外の症状(吐き気や嘔吐など)はあまり現れず、日常生活への支障も片頭痛ほどではないけれど、頭痛が数ヶ月以上も続くなど慢性化するケースもあります。

この頭痛が慢性化してしまい「毎日頭痛薬を飲んでいる」という方もいるので、早めの対処が大事だと思います。

 

片頭痛の対処法

片頭痛と緊張型頭痛では対処法が異なりますので気をつけましょう。

 

片頭痛が起きた時の対処法として、冷たいタオルなどを痛む部位に当てると、血管が収縮して痛みの軽減に役立ちます。

反対に血管が拡張するような入浴やマッサージなどは痛みが増すことになり逆効果なので気をつけます。

 

頭痛の最中に体を動かすと痛みが増し、光や騒音、匂いなどでも痛みがさらに増えることがありますので、できるだけ静かな暗い場所で横になるといいでしょう。

 

コーヒー、紅茶、日本茶に含まれるカフェインは血管を収縮する作用があり、痛みの早期に飲むと痛みが軽減することがあります。

しかし毎日の過剰摂取は逆に頭痛を誘発するので注意してください。

 

 

緊張型頭痛の対処法

これは私の得意分野ですね。

まずは温めて、こりをほぐすこと。

マッサージ、蒸しタオル、半身浴、フットバスなどでとにかく温めます。

そして首、肩の筋肉のこりを取り、血行をよくしましょう。

前の記事で紹介したストレッチも効果的です。

 

さらにベストなのは気分転換をすること。

頭痛が始まったら、頭痛の原因である心身にストレスを加えていることを止めて、例えばその場所から離れるなどして、早めに気分転換をしましょう。

 

といっても仕事中ではなかなかできませんよね。

トイレや給湯室、喫煙室で少し気分転換をするとか、窓を開けて空気の入れ替えをするだけでも気分が変わってきますよ。

 

ストレス性の頭痛は「緊張型頭痛」が起こることが多いですが、片頭痛も併せ持っている方は

日頃からストレスをためないように、自分を労わることをしてください。

 

引用元:http://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200909-01.html

○☆○☆○ーーーーー○☆○☆○

面白くて元気になる(そしてちょっと為になる?)メルマガ発行しています!

ご登録してくださった方には「ハワイのカフ(神官)から教わった自己浄化の方法」動画をプレゼント♪

メールアドレス

あなたのストレスまみれの体と心を軽くする『Mahina:Olaマヒナオラ通信』が届きます。メルマガ登録写真

ご登録後はロミロミ美生氣功Mahina:Ola マヒナ:オラのコンテンツサイト『BUNNY SMILE』ページに移動します。

ご登録後すぐに折り返しメールが届きます。

もし折り返しメールが届かなかった場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。

その他ご質問やお問い合わせがございましたら、お問い合わせフォームをご利用ください。

Mahalo☆

○☆○☆○ーーーーー○☆○☆○ーーーーー○☆○☆○

ロミロミ美生氣功のご予約前に気になることがありましたら、いつでもご連絡ください。
事前カウンセリングもお受けしています。
お問い合わせやご質問は下記のフォームからメール、もしくはお電話にてご連絡くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

ロミロミ気功セラピスト

和田 由里 東京都・群馬県


profile


Aloha☆
私がヒーリングを行っている理由は・・・

こちらからご覧ください。

アメブロもやっています。

『ココ・ライフ』


ご予約やお問い合わせ